本文へ移動
FLAMENCO
フラメンコシューズ
これまで数千足のフラメンコシューズの修理を手掛けた弊社ダンスシューズ工房が
メーカー・販売店問わずフラメンコシューズの
修理・加工を行っております。
代表的な修理例
・滑り止めの劣化
・釘の抜けや錆び等の不具合
・バックルゴムの劣化
・ストラップの破損
・サイズ調整
・ヒールのぐらつき

これらの修理がよく持ち込まれる修理です。
破損した状態で使い続けると、シューズの寿命が短くなります。場合によってはケガの原因や、踊りのパフォーマンス低下にも繋がりますので、
早めのご相談をおすすめいたします。

〇滑り止めの劣化

最も消耗の激しいのが、靴裏の滑り止めです。
削れていくと、ソール面の革が見えてきますが、革が露出した状態で使い続けてしまうと、靴自体がダメージを負ってしまいますので、そうなる前の交換を強くおすすめいたします。

滑り止め素材は色や硬さ等ご自身に合ったものを
10種類以上の中から選択可能です。
また、内側外側に高低差を付け、接地感を向上させる取り付けも承りますのでご相談下さい。

・滑り止め交換・・¥2,750
・溝入れ・・¥550
・マッケイ縫い補強・・¥1,100 

選択の出来る色/硬さ
・標準(黒/白/濃茶/オリーブブラウン/レンガ)
・やや柔らかめ(ベージュ/グレー)
・柔らかめ(黒/白/濃茶)
・硬め(黒/濃茶) 
※硬さによりグリップ力、耐久度に差がございます。

※滑り止め交換以外の加工¥2,200以上との
組み合わせで、滑り止め交換が¥1,100割引いたします。

〇釘周辺の不具合

1~2本の抜けだからまだ大丈夫と思うかもしれませんが、釘は隣り合う釘に圧を掛けて留まっています。
したがって、1本抜けると連鎖的に周りが抜けやすくなってしまいますので、早めの釘追加をお勧めします。

また、先端の釘がめくれてしまっている場合は床を傷つけてしまうので、表面の削り馴らしが効果的です。

もちろん、全ての釘を打ち直すことも可能です。踵側の釘面に丸みがありすぎて、バランスがとりづらい場合等も、打ち方を変え接地感を高める設定にも対応いたします。

使用している釘は、スペインから輸入していますので、現状と変わらない感触が得られます。

・釘追加(1ヵ所/数本程度まで)・・¥550
・釘削り馴らし・・¥2,200
・釘打ち直し(ベース革交換含む)・・¥12,100

※打ち直し、削り馴らしは1足分の価格です。
踵側のみ等の設定もございますので、ご相談ください。

〇バックル付け根ゴムの劣化

滑り止めと同じく、ゴム部分は消耗が早いです。ゴムが伸びきってしまいますと、ストラップの長さ調整が難しくなります。そうなる前の修理がおすすめです。

また、ゴム部分を革に変更することや、バックルをピンではなく、着脱が容易になるボタン式、フック式に変更することも可能です。

・バックルゴム交換・・¥1,100/1ヵ所
・バックルフック式へ変更・・¥2,750/2ヵ所
・バックルボタン式へ変更・・¥1,650/2ヵ所

〇ストラップの破損

激しい力をその1本で受け止めるストラップはフィット感の要です。その分ストラップは強固でありしなやかでなくてはなりません。
不安の原因となる伸びてしまったゴムや、擦れ切れてしまったストラップも再生や交換が可能です。

・ゴムストラップ交換・・¥2,200
・ゴムストラップ長さ調整・・¥1,100
・ゴム→革ストラップへ交換・・¥5,500~
・革→革ストラップへ交換・・¥5,500~ 
・革ストラップ補修・・¥3,300/1ヵ所 
・ストラップ穴増設・・¥110/1ヵ所

〇サイズ調整

日本人の足と外国人の足は形状が違いますので、当然海外メーカー製のシューズですと、足に合わない場合が多々あります。

足に合わないシューズを使い続けると、踊ることへの影響以外にも、体への負担にも繋がります。
靴が大きい場合は、各所へ適切な厚さのクッションを入れたり、滑りを防ぐための引っ掛かりを作る事が効果的です。
靴が小さい場合は、革製品の伸びる特性を生かし、専用の機械によって伸ばしを行います。

個々に適切と考えるサイズ感には差があるので、
ご相談しながら、どういった方法での調整がベストかを判断いたします。

・中敷き下クッション入れ・・¥1,100~
・アーチクッション入れ・・¥1,100~
・踵抜け防止加工・・¥5,500
・標準ストレッチ加工・・¥1,100
・強力ストレッチ加工・・¥2,200

※使用するクッションスポンジは、
ご指定の厚さ・硬さによって価格に違いがあります。

〇ヒールぐらつき(動画有り)

購入した当時よりヒールの安定感が悪くなった、踵側がぐらつく。こういった症状の原因は様々ですが、多くはシャンクバーが折れてしまっている事が原因です。

弊社ではシャンクバーの交換だけではなく、シャンクバーを支える中底を同時に補強することにより、再発しづらい修理をいたします。

・シャンク交換・・¥12,100/左右1足
※シャンク交換、中底補強、マッケイ縫い補強のセット加工です。
加工修理料金表
加工・修理料金表 掲載されている項目以外にも、様々な加工や修理がございます。
 強い衝撃のかかるシューズですので、壊れることは当然です。
 しかし修理して長く履く事ができるのも革製シューズ全般に言える特徴です。 
買い替えを考える前に一度弊社にご相談ください。

〇滑り止め交換

before
after
基本料金
¥2,750
溝入れ・・+¥550
マッケイ縫い補強・・+1,100
素材持ち込み・・¥550引き
※他の加工¥2,200以上との組み合わせで¥1,100割引き
※※使用する素材の色/硬さに関わらず均一価格です。

〇釘周辺加工

before
after
釘追加(左右トウヒール毎に数本まで)削り馴らし込み
※広範囲の場合は+¥550、または打ち直しになります。
¥550
釘打ち直し(トウのみ、またはヒールのみ)
※1足打ち直しの場合は¥1,100割引
¥6,600
釘削り馴らし(トウのみ、またはヒールのみ)
※釘のめくれ補修、錆取り
¥1,100
釘抜き+革貼り(釘無しシューズ化)
¥6,600
釘打ち
¥1,100

〇サイズ調整

中敷き下クッション入れ
¥1,100~
アーチクッション入れ
¥1,100~
踵抜け防止加工
¥5,500
標準ストレッチ加工
¥1,100 
強力ストレッチ加工
¥2,200

〇その他加工、修理

before
after
ヒールカット(釘打ち直し込み)
¥8,800
革破れ(内側/外側)
¥3,300~/1ヵ所
パイピング補修 
¥550~

〇ストラップ周り

before
after
before
after
ストラップゴム交換
¥2,200
ストラップゴム長さ調整
¥1,100
ストラップ交換 既製品/1枚革(黒のみ)
​※ゴム→革の交換も同料金(バックル取付け込み)
¥5,500
ストラップ交換 裏地付ハンドメイド 作成(黒)
※他色は+¥2,200
¥9,900
ストラップ破れ補修
¥3,300~
バックルゴム交換
¥1,100/1ヵ所
バックル フック留め仕様へ変更
¥2,750/2ヵ所
バックル ボタン式留め仕様へ変更
¥1,650/2ヵ所
バックル(金具)交換
¥2,750
ストラップ穴開け(1ケ所)
¥110
サイドゴアゴム交換
¥3,300/1ヵ所
※ストラップ交換は1本留めシューズ1足分の価格です。

〇シャンク周辺(ぐらつき修正)

シャンク交換
※シャンク交換、中底補強、マッケイ縫い補強のセット加工です。

¥12,100
シャンク交換時、まくり革破れ補強
¥2,750/1ヵ所
※ぐらつきの原因は様々です。シャンクが原因ではない事も多々ありますので、お気軽にご相談ください。

〇表面メンテナンス・色染め

before
after
補色メンテナンス(黒のみ革ささくれ補修込)
※他加工と同時の場合は¥1,100割引
¥2,200
全体補色(黒、白、茶のみ)
¥3,300
色染め(同色染め)
¥8,800~
色染め替え(他色染め)
¥9,900~
破れ直し・インソール交換・補色等は靴全般のページをご覧ください。

basement.repair
アクセス(東中野 ベースメント)
TOPへ戻る